LucaLeo Kitchen 第2弾!!

Ciao a  tutti!!

ワールドカップで盛り上がってますか?

サムライJAPANは、決勝トーナメントに進出!!happy01

しかし・・・・我らがAzzurriは、大きな声では言えない結果に終わってしまいました。crying

勝負の世界は本当に厳しいですね・・・・。

気を取り直して、LucaLeo Kitchen のこんな料理はどうでしょう。

「トスカーナ風SALSICCIAのクロスティーニ」

SALSICCIAは、ソーセージのことです。

ソーセージといえば、腸詰にされて棒状になったものを想像しますが、今回は腸詰にはせず、パンにのせてオーブンで焼いたクロスティーニに仕上げました。

そして、香辛料にセージではなくフェンネルを使い、ほのかな甘みと濃厚な風味を持つゴルゴンゾーラドルチェをたっぷりと混ぜ込んであります。

うーん、日本ではあまり見かけないものですから、文章ではあまり伝わりませんね。

http://www.youtube.com/watch?v=LacfqLzBpag

にアクセスしてチェックしてみてね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

LucaLeo kitchen!

続編を期待されていた方、たいへん長らくお待たせしました。Lucaleo

You Tubeに新しいLucaLeo KitchenをUPしました。

今回は湘南風ジェノベーゼパスタ「ショーネーゼ」に挑戦。

「普通のジェノベーゼとどう違うの?」と疑問を持たれた方もそうじゃない方も

http://www.youtube.com/watch?v=2kKFd_aSmAc 

へAndiamo!

また、今回はもっとレシピを詳しく知りたいという方のためにクックパッドにもショネーゼのレシピをUPしています。

http://cookpad.com/recipe/1140265

とても簡単なのでドンドン作って、時間がある方は「つくれぽ」への投稿をしていただけたらうれしいです。

LucaLeo kitchenは、近日中にあと2編公開予定です。ちょっとだけお話しすると・・・・次はLuca特製の肉料理がUPされるようです。こちらもお楽しみに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「2回焼いた(BISCOTTI)」

・・・・・LEO

ビスケットってイタリア語で「BISCOTTI」と言う。
BISCOTTI」って「2回焼いた」と言う意味だ。
ルカと僕が育った街、プラートの名物は「BISCOTTI DI PRATO(プラートのビスケット。名前にもう少しひねりがほしかったね~)だ。Photo
昨日、この名物を初めて作ってみた!
超簡単!!笑っちゃうぐらい簡単だ!
あ~はははははははははは!!!
そして、やっぱり美味し~い!!!

レシピは?
・小麦粉  500グラム
・アーモンド 250グラム
・砂糖 400グラム
・全卵 4
・卵の黄身 2
・ベーキングパウダー お匙 1くらい
・塩 チョピッ

作り方:
1個をかき混ぜて置いておく。
他の材料をいっぺんに「ドーン」と大きなボールに入れる。
混ぜる。
生地が出来上がったら、二つに分けて10センチ×30センチ×1センチ板状にして、1時間くらい160度でガ~ンとオーブンで1回焼いて!
外側がきれ~いな茶色になった?パリッとする?
オーブンから出して斜めに平行に切って、もう11805分で焼く。
終わり!

冷めたらとても硬くなるので、食べる時に甘いワインにつけて軟らかくして食べるよ。(VIN SANTOと言うワインがベスト~!!!!)


BUON APPETITO
!!!
LEO

| | コメント (11) | トラックバック (0)

これはやっぱり。美味しかった~!

・・・・Luca

先週田舎の美味しいじゃがいもをもらったので、昨日Gnocchiを作った!

Gnocchi1j レシピは私のNonna「おおば~あちゃん」のもの。

皆さんも作ってみて!難しくなくて本当に美味しいです~ :)

Come fare gli gnocchi
Gnocchiの作り方」4人分の材料
Patate 「じゃがいも」 400gr.
Farina 「小麦粉」 150gr.
1 uovo 「卵」
Un pizzico di sale 「塩少し」

まずじゃがいもを茹でる。

茹であがったら、じゃがいもが熱いうちにつぶす。

そこに卵と塩を入れ、少しずつ小麦粉を加えながらこねて、生地を作る。

生地ができたら細長く棒状に成形して、2cmぐらいの大きさに切る。

Gnocchi同士がくっつかないように小麦粉をふるう。

一個ずつフォークの裏でぐるっと押して、まわすと・・・Gnocchiにライン(写真参照)ができる。

小麦粉をまぶしてある台や大きなトレイにのせて。Fine!

そしたらどう調理するの?まあgorgonzolaソースでもいいし、今回私が紹介する"Sorrentina”ソースにからめてもいい。

Sorrentinaソースソレント風ソース4人分材料
Gnocchi2j 12 pomodori medi di buona qualita'

「美味しい中くらいの大きさのトマト。いい匂いがして枝つきのほうがいいです~」
Olio extra vergine di oliva 「エクストラバージンオリーブオイル少し」
1 Mozzarella 「モッツレラチーズ1塊」
1 spicchio d'aglio 「にんにく1片」
Basilico 「バジル」
Sale 「塩」

フライパンにオリーブオイルを温めて、つぶしたにんにくを入れる。

にんにくがきつね色になったら塩と切ったトマトを入れ、混ぜながら20分ぐらい加熱したらソースが完成。

ソースを作ってる間に、大きめの鍋を火にかけて湯を沸かし、ソースができたタイミングで鍋に塩とGnocchiを入れる。

Gnocchiが表面に浮きあがったらゆであがり!

Gnocchiの水をきって、ソースが入ってるフライパンにいれる。そのとき切ったMozzarellaと手でつぶしたバジルも入れて混ぜれば出来上がり!熱々のうちに食べて!

Buon appetito!!!
Ciaoooo
Lucacci

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ハロウィン

・・・・・Leo

Camej ハロウィンにクッキーを作りました!
ちょっと亀の形にこだわっちゃった・・・・なんで亀なんだろう?!(笑)
味は抹茶、ジンジャーとココアでした。
バター、卵、砂糖は使ってませんよ~。



| | コメント (5) | トラックバック (0)

LucaLeo KITCHEN/めんたいこパスタ

Llkvol41_4 おいしい、カンタン、安心なイタリア料理のレシピを紹介しているルカレオキッチンの第4弾「めんたいこパスタ」をYouTubeにアップしました。
以前このブログで紹介した「たらこパスタ」の“めんたいこバージョン”の動画です。
ルカがお寿司屋さんで出された「焼きたらこ」を食べて、ボッタルガの代用として使うことを思いついたルカレオオリジナルの「めんたいこパスタ」です。
みなさんが日頃食べている「めんたいこパスタ」とは、ちょっと違いますよ。
ぜひ試してみてください。
今回は「豆知識」や面白トーク満載なのでPart1・22編です。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

”ティラミス”も”ウェルかめ”もよろしくね!

Tiramisu LucaLeo KITCHEN 第2弾をYouTubeにアップしました。今回はみんなもよく知っているティラミスです。日本ではあまり手作りしないみたいだけど、とってもカンタン・安心・おいしいから、チャレンジしてね。

それと、レオがこの秋から出演するNHKの連続テレビ小説「ウェルかめ」の公式プレサイトへのリンクバナーをつけました。レオの紹介も載ってるからのぞいてみてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マヨちゃん、マヨちゃん

・・・・・Leo

 
Photo_4 先々週の金曜日ぼくのMAMMAはイタリアに帰りました。
今回は3ヶ月も日本に居たよ!考えられる?
僕のMAMMAはとてもいい人だけどね・・・・うるさいよ!:))
でも、やっぱり楽しい3ヶ月だったな。
毎日のMAMMAとのコミュニケーション・・・・そしてイタリア料理もモリモリ教えてもらっちゃった~!
なので、きょうはMAMMAの料理を紹介しようかな。
よし!まずは簡単なものから始めてみよう。

MAIONESE(マヨネス)
<材料>
Un uovo intero                卵1個
1 presa di sale                塩ちょっぴリンコ
1/2 limone (o un cucchiaio di aceto)  レモン半分(または酢大さじ1個)
olio fino a 300cc              300cc (できるだけ良いもの)
MIXER                     キッチンエイド
※注意:キッチンエイドがない場合は諦めてください!!手では無理だよ!

<作り方>
FACILISSIMMMOOOOO!!!超簡単!
だけど気をつけないといけないころがいくつかある!
①卵を割って、卵黄を崩さないでボールに入れろ!(子どものようにボール
 の底に寝かせる)
②オイルを加えろ!(300CCは全部オリーブ油でも良い。でも日本で値段が
 高いので、これでやってみよう:サラダ油250CC+オリーブ油50CC
 安くて、軽くて、うっま~!)
③レモンと塩も加えろ!
④キッチンエイド(ぼくはこれを使っているけど・・・BRAUN!さんスポンサーの
 話お待ちしています・・・)を卵ちゃんの寝てる側にさして、ブウウウウいい
 いイイイいイいイいいいいイイんンンンンン!!!(スピードは一生懸命
 じゃなくてもいい)
POINT:ブウウウウいいいイイイいイいイいいいいイイんンンンンン!の時、
     キッチンエイドを動かさないでくれ!ボールの底にマヨネスになり
     始めたら、キッチンエイドの刃を底からユックリ離せ!!
     これは早すぎるとマヨちゃんがうまくできない(水っぽさが残る)
次は・・・・・・・・もうないよ!以上だよ!
もし、失敗したらマヨちゃんを捨てないでくれ!水っぽくても美味しいよ!使えるよ!もし捨てるんだったら僕に送って!!:))

そして・・・実はこの記事の目的はこれからだ!ただ美味しいレシピを教えるだけで終わりだと思ったかよ!?NOOOOOOO!!! AHAHAHAHAH!!!

自分でつくったマヨちゃんって、とても純粋な奴だよ。
その日の内にマヨちゃんを全部食べきれなかったら、冷蔵庫に入れてくれ。
そして、2日間で食べきれなかったら捨てたほうがいい。
そうだよ。手作りマヨちゃんは美味しいけど、すぐ死んじゃう・・・すぐ・・・大変・・・。
だけどさ、スパーで売ってるマヨちゃんは、何ヶ月も保つよね・・・何ヶ月!
どうしてそんなに保つだろう?・・・・自分で作ったマヨちゃんはすぐ死んじゃうのに・・・・なぜ?
確かに卵使ってるんだよね?・・・それとも何か入ってる?・・・裏の原材料表を見ると驚くほどいろんなものが入ってるんだねー・・・・・ぼくはやっぱりMAMMAの手作りのほうがいいや!

みなさんもきっと、手作りマヨの味を知ったら、買ってくるマヨがつまらなく感じると思うよ・・・・・少なくても僕はそうだった!:)
BUON APPETITO!!



| | コメント (6) | トラックバック (0)

おとうさんありがとう!パパの日の味                “フリッテッレ・ディ・リゾ”

・・・・・Leo

Bs_2 イタリアで、3月19日は聖Giuseppeの日・・・・・「パパの日」です。
この日に絶対出てくる料理が“FRITTELLE DI RISO(フリッテッレ・ディ・リゾ)です。

お米を牛乳、砂糖、ピルで炊いてから揚げるお菓子の一種です。
子どもの頃ぼくのお父さんはとても忙しくて、なかなかお昼ご飯のために家へ帰ることができませんでした。でも、3月19日だけは絶対に家へ帰って家族と昼食を食べました。
彼はフリッテッレ・ディ・リゾが大大大好きで、食べ過ぎては午後の仕事を休んだ(さぼった)ものです。
お母さんはフリッテッレを毎年大量に作るので、ベヌッチ家の子どもたちにとって”パパの日”は一日ではなくて、三日も四日もフリッテッレを食べて楽しむイベントとなっていました。
それでは、フリッテッレ・ディ・リゾの作り方をお教えしましょう。

■材料
Riso ()・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 500 gr
Latte(牛乳)・・・・・・・・・・・・・・・ Mezzo Litro500 ml
Acqua (水)・・・・・・・・・・・・・・・・ Mezzo Litro500 ml
Arancia(オレンジ)・・・・・・・・・・ 1 ※皮のみ使用
Limone(レモン)・・・・・・・・・・・・ 1 ※皮のみ使用
Zucchero(グラニュー糖)・・・・  120 gr
Uvetta(干しブドウ)・・・・・・・・・  200 gr
Marsala(マルサラ酒)・・・・・・・ 60180 ml(お好みで)
  ※ラム酒でもOK
Farina(薄力粉)・・・・・・・・・・・・ 2 cucchiai(大匙2杯)
  ※生地が柔らかければ増やす
Uova(卵)・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 intere e 2 tuorli(全卵3コと卵黄2コ)
Lievito(ベージングパウダー)・・・ 1 presa1つまみ)
Vaniglia(バニラ)・・・・・・・・・・・ 1 stecca1本)
  ※バニラオイルでもOK
Sale (塩)・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 pizzico (少し)
Olio(揚げ油) ※オリーブ油またサラダ油など
Zucchero semolato(粉砂糖)・・q.b.(適量)

■作り方
1.
厚手の鍋に米、水、冷たい牛乳、オレンジとレモンの皮、バニラを入れ、
 焦げ付かないように木杓子でかきまぜながら20分間炊く。
 そこにグラニュー糖を加え、さらに20分間炊く。焦げ付きやすいので、
 常に木杓子でかきまぜる。
 仕上がりの水分があまり多いと、揚げる時に形が崩れやすいので注意。
2.
鍋を火から外してからマルサラ酒と干しブドウを入れて混ぜる。
 冷めたらオレンジとレモンの皮を取り除き、小麦粉、ベーキングパウダー、
 卵、塩を入れて混ぜる。これで生地の完成。
3.
多めの油を火にかけ170180度になったら、大匙を使って生地を油
 に落とす。
 入れたばかりの時は崩れやすいので触れないように。
 ある程度たったら平均的に色づくよう、やさいくかき混ぜながら揚げて
 いく。
 適度に色づいたらキッチンペーパーの上に取り、粉砂糖をかけて出
 来上がり。
 
とても美味しいよ~!
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「体にいいおやつ」・・・きな粉ボーロ

・・・・・Leo
 
今朝、娘と作ったおやつを紹介します!
手作りで安心だから、買ってきたビスケット(何が入っているか分からない)の代わりに子どもに食べさせよ〜!
さらに、子どもと一緒に作れるというところが、楽しさも美味しさも倍増させてくれる。
安心・簡単・おいしい!・・・・是非是非作ってみてね~。

Photo_4 <きな粉ボーロ>
■材料
・地粉・・・・・・・・・・・・・・100gr
・きな粉・・・・・・・・・・・・大さじ2
・メープルシロップ・・・ 大さじ1−2
・菜種油・・・・・・・・・・・・大さじ3

■作り方
全部いっぺんに混ぜて、好きな形(三角形がすき!)にまるめる。
170度のオーブンで15分焼いたら、完成!!!

めっちゃ美味しいよ〜!
お菓子を買って食べるのが、バカみたいに思えて来る!
Buon appettitooooo!!!
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)