« 本当に必要かな。。。? | トップページ | 女性専用車両- Part 2 »

「レオちゃんなりのサンドウィッチの定義」

街を歩いたら、お腹が空いてきちゃいました。

サンドウィッチをたべたくなりました。

でも。。。日本のサンドウィッチは少々小さい、パンがふにゃふにゃ過ぎる、マヨネーズやケチャップの味しかしない。

なんか不満な点が多過ぎて、自分らしいものを定義したくなった!!
僕にとってのサンドウィッチとは以下の通りです:


最小サイズ:15㌢×15㌢(面積225平方㌢)
最小重さ:
      
パン:200㌘
      
中身:150㌘
パンの硬さ:(モース硬度)9度、(鋼玉)!!!
具の材料:
      
ハム類:生ハム、サラミ、スモークハムなど
      
チーズ類:パルメザン、ペコリーノ、モッツアレラなど
      
絶対禁止:マヨネーズ、ケチャップ

      あり: トマトソース、ジェノヴェーゼソース、タバスコ

ちなみに:

2_2

です!
BUON APPETITO!!
:)
レオちゃん

P.S.ルカは今、日本にいません。

前の記事でコメントをくれたみなさん、返事はもうちょっと待っててね。

|

« 本当に必要かな。。。? | トップページ | 女性専用車両- Part 2 »

1. レオナルドの部屋」カテゴリの記事

コメント

ciaoooo!! Leoleo. Ezattoざます!前にケベックにいたとき、サンドイッチは大きくてパンは硬かった。日本の食べ物って飲み物なしで食べられるけど、海外のパンは飲み物なしだと私は喉がつまりやすいんです。

でもケベックで和食食べたとき米とみそ汁はおいしくなかった。しかも日本酒のつまみがパンだった。sign02 

イタリアのPANINOやSANDWICHって具が多いんですね。栄養たっぷり!

モース硬度は勉強になったな。レベル9で食べられるんだったら骨付き肉の骨も楽勝だよね???pig 骨って骨髄エキスやカルシウム豊富だし。

日本では魚の骨とかみりん干しにして食べるよ。

今三寒四温の季節なので喉がちょっと痛い。(Ho mal di gora.)

Per non prendere l'influenza,sarebbe meglio mettere la mascherina nei luoghi affollati,e Devo reposarci bene.

Leoleoも風邪とか気をつけて(o^-^o)

投稿: midori | 2010年4月 8日 (木) 11時51分

見たこと無いサンドイッチだけど…
おいしそうですconfident

投稿: M | 2010年4月 8日 (木) 19時47分

賛成ーッ!! 賛成ーッ!!
私も、日本のサンドイッチに、物足りなさを感じていた一人です。Leoさん、よくぞ言ってくれましたッ!! 私がヨーロッパ諸国で食べたくサンドイッチは、①パンがしっかり噛みごたえがあって、香りがいい♪♪ ②具材の種類が豊富&たっぷり♪♪ やっぱり、パンから具材がはみ出るくらいじゃないとねッ!!
 …と、今日のLunchはサンドイッチで決まりですね♪ Leoさんありがとう

投稿: みゆ | 2010年4月10日 (土) 12時25分

club

 tulipはじめての書き込みですtulip
          宜しくお願いします。

   searcheye私がここを知ったきっかけは、dollarお金を稼ぐ為にrvcardash通う場所に答えがあります。

fuji日本に居ながら 毎日イタリアの野菜やワインやその他 それは半端じゃない量の物達に囲まれて生活しているからですheart04

投稿: ★★★モナちゃん★★★ | 2010年4月10日 (土) 14時01分

Ciaooo!!!!EURO24のBLOGのイタリア語のわからなかった部分すごくわかった。abbiamo bevuto= AVEREの一複+BEREの過去形ですねーーーー。thunderあ、BEREの過去形は不規則活用なんだ。

Anche se è del 1998 ha ancora la potenza della gioventùだと和訳が直訳じゃないけどここでもAVEREの3単使ってるんだ。英語の IT HASですね。

ありがとーーーーーー!!!!!!!

投稿: midori | 2010年4月10日 (土) 15時03分

私はSUBW●Yのサンドウィッチが好きです。smile
ターキーとエビアボガドを好んで食べます。いつもパンを少し焼いてもらってます。
三角サンドはツナが好きですheart
自分で作るときはアボガドサーモンとか蒸し鶏のハニーマスタード&サラダとか多いですねnote

投稿: gusto_del_pesce | 2010年4月12日 (月) 13時14分

も、モース硬度9っ(大爆笑)!!!
Leo先生の歯も胃袋も、それ以上の硬度を持っている
ということですね? 
例えば、ひったくりとかにミゾオチを狙って殴られても
(そんなチャレンジャーはいないだろうけど)
内蔵がその堅さじゃ、襲う方が命がけですね(^^)。

写真のパンは、もしかして縦に切れ目をわざわざ入れて
いるんですか? それとも初めからこういう溝がある
パンなんですか? 
溝のお陰で、堅そうだけど、ちょっと食べやすそう。。。

投稿: Sachi | 2010年4月12日 (月) 23時21分

Piacere! レオさん。
サンドウィッチの定義読みましたよ。
うーん、厳しい。
マヨネーズとケチャップはだめですか。
レオさんがこの記事を書いたので気がついたのですが、そういえばイタリアではトマトペーストとケチャップは別でしたね。

イタリアでどんなパンでも温めてくれることに感動したのを思い出しました。
(フィウミチーノ空港の税関を通った先のお店では無理でした・・・)
店内がどんなに混雑して、店員さんがどんなにイライラしていても「温めるの!?」と言ってくれたのが、優しいのか、怒ってるのか、どっちかわからなくて笑ってしまいましたが。
勿論温めてもらっておいしくいただきました。

レオさん、おにぎりじゃだめですか?
おにぎりだったら色々あるんですけど・・・でもレオさんにとってのおにぎりは、パニーノになるんですよね・・・。

投稿: meg | 2010年4月13日 (火) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133306/34127002

この記事へのトラックバック一覧です: 「レオちゃんなりのサンドウィッチの定義」:

« 本当に必要かな。。。? | トップページ | 女性専用車両- Part 2 »