« ドームで”Yo-Yo”!! | トップページ | オカピは指揮者!??・・・飴??? »

「KATAKANAKATAKANAahahahahahah!!!!」

・・・・・Leo                       

領収書の宛名欄に僕の名前を書いてもらうのをやめました! 

一生懸命スペルを説明しても、僕の名字「ベヌッチ」はうまくいかない。

 

例えば?全部は思い出せないけど・・・

ヌベッチ   (ありふれている)

ベノッチ   (これもよくある)

べタッチ   (めったにない)

ドベッチ  !?? (これも結構出てくる)

などなど。。。

時々、店を出てから領収書を見ると、僕も爆笑するぐらい変な名字が書かれていることがある。だからここ最近は、店員さんに「どちら様宛てですか?」と聞かれたら「大丈夫です。自分で書きますよ~♪」と答え始めた。

こうした方がお互いに楽だと思うので。

ま~あ、僕は、漢字ではなくてカタカナの方が苦手なんです。

外来語を書くときに必ずと言っていいほど、伸ばすところ(音引き)とかを間違えちゃう。

何、このカタカナの書きづらさ!?

そして、カタカナって、本当に必要ですか?(言いすぎ?もう言っちゃいました!!)

カタカナで困ったことがありますか?

みなさん、教えてくださ~い!

チャオ ベッリ!!

レオ

|

« ドームで”Yo-Yo”!! | トップページ | オカピは指揮者!??・・・飴??? »

1. レオナルドの部屋」カテゴリの記事

コメント

Ciao レオナルド先生
チャオ トモコ、チャオ メグミ、チャオ レイコ、チャオ
レオ!、プレゼンテ!のレイコです。
BやVをビやヴィに変換するときにウルビーノかウルヴィーノなのか誰も知らない。適当?!。外来語をカタカナで表記する事になり、いまや毎日がカタカナの大洪水。日本人の私にとっても新聞やニュースのカタカナはかなり覚えにくい、というハンディーキャップを背おわされています。「マンギョンボンゴウ」(万景峰号)を耳から入れて目から入れて、入っている人はほとんどいません。アナウンサーすら滑っています。レオ先生、ベヌッチと正しく書いてほしいときは、ためしに「マンギョンボンゴウと書いてみて」とテストしてOKならOKですよ。そのユーモアが日本人に通じるといいですね!

投稿: reiko | 2009年8月28日 (金) 16時37分

Ciao, professor Leo!
カタカナって必要?!…私もずっと否定的にそう思っていました。
漢字や平仮名に比べると、読みにくいし、瞬時に伝わりにくい。外来語を表記するのに使われることが多いため、何となく、つい最近できた言語ツールのようにも感じますし…。(使われても、せいぜい江戸時代くらいからだろうな、と勝手に推測していた私。)
が、実は起源は意外と古く、9世紀初めから既に使われていたそうなのです。奈良時代か平安時代、その辺から
ということです。僧侶が、中国から伝わったお経にフリガナをふったのが始まりなのだとか。
漢字や平仮名と同様に、そこそこ歴史のあるものだと
知ってから、”まぁ、これも一つの日本の文化”と
私はカタカナを容認するようになりました(笑)。

投稿: Sachi | 2009年8月29日 (土) 15時35分

カタカナで外来語を表すとどうしても音に無理が生じますよね。イタリア語はまだいいですが英語になると「???」てのが多いです。英語教育を通してアルファベット慣れしてきていると思うので、多分あと1,2世代先になれば需要が減るかもって安易に考えてしまうのですが、新聞等はもちろん、本がまだ縦書きのものが多いのでやはりアルファベット表記は無理がありますね。しかし子供たちの縦書き離れも進んできていますし・・・うーん、他のアルファベット圏外の国はどのように表記しているんでしょうかね?

まあ要するにレオさんのいっていた「読みにくい、瞬時に伝わりにくいもの」を表記するのがカタカナの性質ともいえるかもしれませんね。

ちなみに、私のまち、沖縄の言葉も新聞や本では常にカタカナ表記されてしまいます・・・・日本語だ!(苦笑)

投稿: ayaka | 2009年8月30日 (日) 17時17分

Ciao! Prof. Benucci!
北杜夫の小説「さびしい王様」(もう絶版?)に,10ページくらいカタカナが続くところがあります。めちゃくちゃ読みづらかったのですが,半分くらい読み続けるとだんだん早く読めるようになりました。結局,見慣れないから読みづらいのでないでしょうか?ただ,カタカナで今書かれている単語が,ひらがなになったら逆に分かりにくいかも。「いたりあに行ってばっぐを買い,ばーるに行ってわいんとびーるとぱにーのを注文しました。」だと,区切りがわかりにくいですよね。

投稿: riko | 2009年8月30日 (日) 23時46分

Ciao Leo,

Ha Ha Hasign01 happy02
ごめんなさい、でも笑えます。
私もかな書きは苦手です。表意文字の漢字が言葉の塊をわかりやすくしてくれているのでしょうね、かな書きは分かち書きされても、「えっsign02なになに?」と、眉をひそめながら解き明かしています。娘も漢字が苦手な同級生から来た全部ひらがな書きのメールをじっと見つめ、「意味わかんない、せめて句読点入れてくれよ」といってました。それがカタカナになると、基本的に日本語でない言葉を表記する事が多いから、いっそう暗号のような感覚になるんだと思います。意味不明の音列も必ずカタカナで書きますしね。最初から意味を見出すのは放棄してますよね。自分で書きます、って言う対応は賢明と言わざるを得ません。Leoさん、さすがです。

投稿: Naoco | 2009年8月31日 (月) 10時16分

。。。ARARARA ヌベッチさん!bleah
あの気持ちをよく分かる。。。
私の「チカテツリ」はどう?wobbly

投稿: Luca | 2009年8月31日 (月) 10時57分

沢山の返事をありがとう!
同情してくれて嬉しいよ。
よかったよかた、僕だけではなくて、チカテツリさんもいるし、ね。。
そしてさ、一番最悪カタカナフランス語だと僕は思うけど。。
Abbracci,

Leonardo Bettacci

投稿: Leo | 2009年8月31日 (月) 14時39分

ポーランドの方の名前とかは完全に意味の分からない文字になってしまいますよねー('_')

投稿: スマパンマンサン | 2009年8月31日 (月) 16時50分

(ご存知でしたらごめんなさい。)

領収書を書いてもらう時は、『上で(うえ・で)』と言うと良いと思います。
すると、手書きの部分に『上』と書かれ、印刷の所に『様』と続くので、
「上様」になります。

-----
しかし、カタカナ不要とは考えませんでしたね…
幼い頃に当然の様に教えられ、使って来たので
無くなると困ってしまいます。

発音からカタカナを起こすと無理がありますが、
カタカナ変換した時点で、日本語なんですよね。
それはハングルを勉強した時に思いました。
(あちらの方がセンスは宜しいですねcatface

新聞などを読む時に、漢字・ひらがな・カタカナで区分けされていると
分かりやすいと思うのです。

むしろ手書きの、アルファベットの筆記体で書かれた
手紙などを読む方が難しいと思います。
『何て書いてあるのだ?』と思う事はありますか?


投稿: mai | 2009年9月 3日 (木) 07時15分

アアア、、、カタカナ DELLA フラ語ですね。カタカナ自体がもう既に母音が入ってるので不可能だと思います。(。・w・。 )


スペルがわからなくて何度も聞きなおされるのはLEO-SANに興味があるからだと思います。多分LEO-SANがニホンゴウマイのでどこまで話せるか興味アルんじゃないですか?説明ITALIA語で話したら何度も聞かないと思いますよ。(LO FACCHIO SPELLOだっけ?)

デハデハ バイティー(BYTHIII 流行語でGOOD BYE)


投稿: midori | 2009年9月 6日 (日) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133306/31137918

この記事へのトラックバック一覧です: 「KATAKANAKATAKANAahahahahahah!!!!」:

« ドームで”Yo-Yo”!! | トップページ | オカピは指揮者!??・・・飴??? »