« 雨の日のビニール袋・・・・・もったいな~い! | トップページ | この靴は? Che buffe scarpe!! »

「やられた!」・・・・「すごくいいじゃない」・・・・「ありがとう」=OMソーラーハウスの快適。

・・・・・Leo
 
Omsolar ぼくの家は“OMソーラーハウス”という建物なんです。
OMソーラーは、太陽の熱を屋根で集めて利用するシステムで、冬は温かく、夏はお湯がとれるのでガス代は全然かかりません。しかも一年通じて空気がキレイなんです。
実はこの家がいまここに建っているのは、うちの奥さんの根性の賜物なんです!

『ねえねえ、こんなのがあるよ・・・』ある日奥さんがパンフレットを手に一生懸命ぼくに説明をし始めた・・・・・その頃、家を建てる計画があったんです。
「何これ、OMソーラーハウス!? ぼくは聞いたこともないよ・・・・・ちょっと、うさんくさいんじゃない!?」と、ぼくはまるで聞く気なし。
『そんなこと言わないで、見に行ってみようよ』と、奥さんは食い下がった。
「ひとりで言ってくれば、ぼくは興味ないから」・・・・イタリアにはOMソーラーハウスなんかないので、ぜんぜん現実味を持てなかったんです。

しかたなくひとりでOMソーラーハウスを見に行った奥さんは、帰るや否や興奮気味にぼくにこう言いました・・・・・・『すごかったよ!ほんとうに快適なんだよ!ちょっと高いけど、それ以上の価値はあると思うよ』と。
ぼくは「あそー、でもちょっと考えようよ。他にももっといい家があるかもしれないし・・・・あんまり早まらないほうがいいよ」などと歯切れの悪い返事をした。
それでも『いいじゃない、一度ぐらい見てよ。見れば絶対気に入るって!』と奥さんは粘った。
でも、ちょうどイタリアに行くスケジュールが入っていたので、ぼくはそれを口実に奥さんの提案をはぐらかせてしまったのでした。

・・・・・・イタリアから帰国。大きなスーツケースを下げて昼過ぎに家にたどり着きました。

「ただいま、今帰ったよー」と玄関を開けると、そこには出かける支度を整えた奥さんが待ち構えていたのです。
「どうしたの、どっか出掛けるの?」。
そういう僕の腕を取って、『さあさあ、行きましょう・・・・いいから、いいから・・・・サプライズよ』と、ぼくを急かせます。
ぼくは新しいレストランでも見つけたのかなー、と思いながら、引きずられるように連行されて行きました。
途中「どこまで行くの?・・・・・どんなレストラン?」と訊ねると、『OMソーラーハウスを見に行くの!』と奥さんはきっぱりと言ったのです・・・・・(やられたー!)。
「えー、これから行くの!・・・・おいしいもの食べに行くんじゃないの?」・・・・(まっいいか、ここまで来ちゃったんだから、楽しもうか)・・・・ぼくはあきらめて奥さんに従いました。

・・・・・・OMソーラーハウス初体験!
その日は寒い日でした。でも、OMソーラーハウスの中に一歩足を踏み入れると、そこはまるで陽だまりのようにポカポカでした。
第一印象「何これ!この家だけ春が一足先に来ちゃったみないじゃない・・・・どうして?」。
そう、暖房の人工的な温かさではなく、自然のぬくもりがその家を包み込んでいるかのようだったんです。
「すごくいいじゃない!」・・・・・その瞬間からぼくの考えは180度方向転換・・・・いろんな話を聞いてさらに関心。

すっかりその気になって・・・・結局、OMソーラーハウスを建てることにしました。

今でもポカポカの自宅で、こんなことを時々奥さんに言うことがあります。
「見つけてくれてありがとう・・・・・あきらめずにススメテくれて感謝しています」って。
 

|

« 雨の日のビニール袋・・・・・もったいな~い! | トップページ | この靴は? Che buffe scarpe!! »

1. レオナルドの部屋」カテゴリの記事

コメント

感動!
30年以上前に初めてソーラーハウスのことを知ったとき、「将来絶対ソーラーハウスに住む!」「ソーラーエネルギー関連の会社に就職しよう!」と決心したはずなのに。
現在ソーラーとは無縁のマンションに在住。仕事は、まぁ、まったく関係ないわけではないけれど…。
Leoの奥様に大喝采!です。
あっ、でも、マンションの屋上にソーラーパネルをつけられないか?と現在、模索中。

投稿: simona | 2009年2月23日 (月) 18時14分

Ciao Leo sensei!

環境のいいところで、綺麗な空気の家だなんて羨ましい!
真冬でも家の中はポカポカ…ってことは、冷蔵庫に
入れられない野菜(ジャガイモとか)は芽が出やすく
ありませんか? こういう家に住んでいる人って、野菜や
果物の保存をどうしているのだろう?と長い間ずっと
疑問を持っていました。よかったら教えて下さい~!
(芽が出る前に食べちゃう、って答えが返ってきそう…笑)

投稿: Sachi | 2009年2月24日 (火) 01時35分

AHAHAH!
さっちゃんもう僕の答えを知っていたね。。!:)
ま〜、早く食べれない場合もありますが、真冬だと家の中19度〜23度程度があるのでそんなにすぐにお芋に芽をでないです。
かな?
:)

投稿: Leo | 2009年2月24日 (火) 09時56分

はじめまして、きのこです。confident
快適に暮らしている姿が目に浮かぶほどの熱弁でした。
OMソーラーハウスの営業マンになれますね。売上ナンバーワンgood
私にもいつかOMソーラーハウスを建てられる日が来ますようにsagittarius

過去のブログも一通り読ませていただきました。
知らずに読むと、まるで日本人ですね。文脈も、漢字も。

最近、ガスオーブンのある生活を始めました。
家庭でできる、簡単イタリア家庭料理を紹介してください。あれ??そういうブログじゃないか・・・・

投稿: きのこ | 2009年2月25日 (水) 11時10分

昔、「湯ワイタ~」というソーラー湯沸し器を使って
、これはスゴイと驚きましたが、ソーラー・ハウス
のことは知りませんでした。
タイムマシンに乗って、未来にある家、と思っていました。素晴らしい!。

ただ、もうひとつ素晴らしいのは、素直に奥様に感謝の気持ちを伝えるという点ですね。奥様だけでなく、ルカ先生のことも、いつも教室で誉めている。

・・・これはね、多くの日本人に欠けている点だと思いますwobbly。ひと言の「ありがとう」が、恥ずかしくて言えない。
別にお世辞ではなくて、自然に相手をほめるのは、家庭だけではなく、社会の潤滑油になるし、とても良いことだと思うんですけどね・・・。

投稿: ターニャ | 2009年2月25日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133306/28284970

この記事へのトラックバック一覧です: 「やられた!」・・・・「すごくいいじゃない」・・・・「ありがとう」=OMソーラーハウスの快適。:

« 雨の日のビニール袋・・・・・もったいな~い! | トップページ | この靴は? Che buffe scarpe!! »