« Kaka’、偉いぞ!・・・でも、偉かったのかな? | トップページ | あのずるい5分・・・・! »

ファッション話 vol.2                着物は似合うのに洋服は・・・どうして!?

・・・・・Leo

 

 

前回、“日本人女性は着物がよく似合う”という話をしたけど、最近その逆もあることに気がついた・・・・・何かって?
それはぼくたちイタリア人から見ると、洋服の着こなしは「ちょっと」という人が多いこと・・・・特に男の人にね。
そこで、今回は「洋服の着こなしがちょっと・・・なぜ?」の理由を考えてみた。

ぼくがはじめて日本の会社に勤めた時、こんなことがあった。
初日にラフな服装で出社したら、「君、スーツを着てきなさい」と日本人の上司に言われたので、次の日はスーツを着て行った。
すると今度は「君、ワイシャツのボタンは一番上まで閉めて、ネクタイもキチッっと絞めること」ってさらに指摘された。
(あっそ、そこまで言うの・・・Cravatta stretta, polsini stretti, bottoni stretti!! TROPPO・・STRETTO!
)ほとんどの人が、洋服はリラックスに着ることがおしゃれの基本と考えているイタリア人のぼくとしては、わけが分からない???

例えば、イタリアではスーツを着る時もネックをわざとルーズにしたり、袖のボタンを外してアクセントをつけたりして、自分なりの着こなしというものを入れる。もちろん、ダラシガないとか相手にいやな印象を与えない範囲で着崩す(リラックス)ことで、自分のスタイルにするのが普通だ。
でも日本では、スーツはきちんと折り目正しく着るものとされているよね。

Photo どうやら日本の人はスーツを「制服感覚」で着ているんじゃないだろうか。
仕事という戦場へ臨む戦士が、軍服を着るようにね。
制服感覚だから、「きちんとしてなきゃいけない、みんなと同じでいい。個性を出しちゃダメ・・・」っていうことになる。
そうなってしまった一つの要因として、日本では中学生、高校生といった身体も心も成長する時期に学生服を着て学校に通い、「おしゃれとか、恋愛とか、などなど勉強以外のことは考えない・・・・成績だ!試験だ!」みたいな生活を強いられるせい・・・・・?
まあ、先生も同じように制服で育ってきたから、どこまでがリラックスで、どこまでが行き過ぎかのジャッジができない人が多いのかも・・・。周りの大人の顔色を見て、結局はほとんどのことをダメダメダメっていうことにしてしまう。
そのうち生徒のほうも「制服さえ着てれば文句も言われないし、みんなと同じだったらいいんだ」なんて、無関心になっていっちゃう。終いには洋服のことなんか「考えるのが面倒くさい」、「分からない」ってね。特に男の子は・・・・。

勉強をすることも大切だけど、これってすごく残念なことだと思うんだ。
だって、人が生活していくために必要な三大要素は「衣食住」っていうでしょ。その中でも「衣」というのは、センスだったりコミニュケーションにつながる大切な部分だと思うんだ。

Attenti ragazzi!(勘違いしないでね)。
「制服が悪い」って言ってるんじゃないんだ。
制服には、識別しやすい(職種とかクラスとか)、平等感があるなど、いい点もたくさんある。
でも、制服という型にはめてしまうことで、「何をどう着たらいいか」ということを考えないで済むようになり、その部分のセンスやコミニュケーション能力の成長を妨げてしまう可能性がある。そこが恐いし、なにより楽しくないじゃない。

洋服のセンスって、結局はバランス感覚だから、試験勉強のように記憶に詰め込むといったもんじゃない。感覚が養われる時期に、関心を持ち考えることがセンスを磨くっていうことになる。

その結果、大人になっても「スーツさえ着てればいいんでしょ」という制服感覚でファッションを捉える人が多くなっちゃう。
「そんなお金もないし、洋服に気を使うものばかばかしい」ってことで、普段もパジャマかスポーツウェアになっちゃう人ってたくさんいる。
お金持ちでおしゃれにうるさいと言われる人に、頭から爪先までブランドで固めてアクセサリーもきっちり付けて、「どうだこれで完璧だろう!」ってカタログみたいな人がいる。あれも違うと思うな。「リラックス」できてないよね。情報を集めてお金を使ってるだけで、着こなすということができてない。

若い人たちは、変わってきているとは思う。でも、大人が制服感覚で彼らのファッションを見ている限り、「君、ワイシャツのボタンは一番上まで閉めて・・・」という会話はなくならないよね。
これはイタリア人のいう「リラックス」とはだいぶ違うと思うんだ・・・・楽しくないよ。
もっと、自分の頭で考えて、ファッションも楽しみアーモ!
AH! Quanto mi piace scrivere! Si vede? :-)

|

« Kaka’、偉いぞ!・・・でも、偉かったのかな? | トップページ | あのずるい5分・・・・! »

1. レオナルドの部屋」カテゴリの記事

コメント

Leoさんはじめまして!
このBlog,本当に面白いですね!!!
スーツに関するイタリア人と日本人の認識の違いがとても面白くて、な~るほど!と思いました。
これからは、私もリラックスを意識したおしゃれをしようと思います、むずかしいけどcoldsweats01

投稿: saori | 2009年1月25日 (日) 16時13分

Piacere Saori!
ファションの話を気に入ってもらえてよかった!
自分なりのおしゃれスタイルをリラクスしてやってみてね。ヽ(´▽`)/
そして。。。ファションの話はこれからまだまだありますよ!:)
楽しみにしてね!
Grazie e a presto,

Leo

投稿: Leo | 2009年1月25日 (日) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1133306/27422537

この記事へのトラックバック一覧です: ファッション話 vol.2                着物は似合うのに洋服は・・・どうして!?:

« Kaka’、偉いぞ!・・・でも、偉かったのかな? | トップページ | あのずるい5分・・・・! »